Loading...

ステンレス電解研磨 溶接焼け取り さび、汚れ取り 及び 材質の簡易判別 不動態技術

ステンレス電解研磨 溶接焼け取り さび、汚れ取り 及び 材質の簡易判別 不動態技術

製品一覧

PRODUCTS LIST
  1. ホーム
  2. >
  3. 製品一覧
  4. >
  5. 電極/コード/モップ
  6. 電極/コード/モップ
  7. >
  8. S型キャップモップ(クロス) 「焼け取りクロスは溶接焼け取り装置と電極にクロスを取付け中性電解液を含浸通電ワイプするクロス【モップ・クロス】

S型キャップモップ(クロス) 「焼け取りクロスは溶接焼け取り装置と電極にクロスを取付け中性電解液を含浸通電ワイプするクロス【モップ・クロス】

『S型キャップモップ(クロス) 「焼け取りクロスは溶接焼け取り装置と電極にクロスを取付け中性電解液を含浸通電ワイプするクロス【モップ・クロス】』

S型キャップモップ(クロス)は中性電解液を使用したステンレス溶接焼け取り用のモップ(クロス)で、ステンレス溶接焼け取りと同時に不動態化が出来る電解処理に使用するモップ(クロス)です。また、電源機(器)とグリップコード、電極にモップ(クロス)を取付け中性電解液を含ませて通電しかつ、スパーク防止と電解効率を上げるワイプするクロスです。T字形状ワーク焼け取りに最適。
S型キャップモップ(クロス)は、中性塩電解液の仕様に最も効率の良い条件で、ステンレス溶接焼け取りの作業が出来、先端の耐久性を向上した設計の優れたクロスです。
●取付に必要な電極

・S型船型電極

・S型自給式船型電極に、

S型キャップモップ(クロス)を取付けることが出来ます。

●モップ固定方法
S型船型電極/S型自給式船型電極の先端から差し込み、Oリングなどで固定します。

●取付に必要な部品類
・W型/U型電極グリップコードが必要です。
●電源機(器)の【用途切替】=【出力波形】と電解液の選定例
・交流(AC)
「NEOブライトシリーズ」でヘアライン(HL)や鏡面材の焼け取り。
「SUSシャインシリーズ」で酸性液の高速焼け取り。
(S型キャップモップシリーズには、ご使用いただけません)

(板状キャップモップシリーズには、ご使用いただけません)
(厚手モップシリーズには、ご使用いただけません)

(拭き上げ用モップシリーズには、ご使用いただけません)



・特殊波形
「NEOシリーズ」でウルトラ不動態化と強力焼け取り。
「SUS S・C・C」でウルトラ不動態化と応力腐食割れ防止に特効。
「NEW D&F」でサンダー掛け後のギラツキ消しと酸素系不動態化。

・直流(DC)
「SUSシャインシリーズ」で焼け取り研磨。
(S型キャップモップシリーズには、ご使用いただけません)
(板状キャップモップシリーズには、ご使用いただけません)
(厚手モップシリーズには、ご使用いただけません)
(拭き上げ用モップシリーズには、ご使用いただけません)
●取り扱いの特記
・電解処理直後は、電極・モップが高温となっている場合があります。取り扱い時の火傷にご注意下さい。
・電極・モップなどの交換時は、電源機(器)の電源を「切る」「出力停止」を確実に守って行ってください。
・電源機(器)の稼働中は、電極・モップの交換はしないでください。
・高出力で長くご使用の場合、電極グリップコードやクリップ付コードが熱くなりますので、火傷などにご注意ください。異常な発熱が感じられたらご使用を止めてください。
・電解処理でモップが消耗し電極が露出するとスパークして処理物(ワーク)を傷付けることがありますので、適度に交換して下さい。
・電極は鋭利形状になっている場合があります。モップ取付や取り外し作業、電極の交換作業時には十分お気をつけください。
・ご使用の際は、ゴム手袋、絶縁靴(ゴム底靴)、保護メガネなどの保護具を着用願います。

S型キャップモップ
モップの名前 サイズ モップの形状
S型キャップモップ 50mm×30mmW
100枚入/1箱
S型キャップモップ
S型キャップモップ 適用電極
適用電極 サイズ 電極の形状
S型船型電極 22mmD S型船型電極
S型自給式船型電極 20mmW x 22mm S型自給式船型電極<



【製品仕様】


    • 産業分類
    • 一般
    • 電源液性
    • 中性電解液用


【関連商品】



ステンレス電解研磨 溶接焼け取り さび、汚れ取り 及び 材質の簡易判別 不動態技術
ステンレス電解研磨 溶接焼け取り さび、汚れ取り 及び 材質の簡易判別 不動態技術
Copyright(C) 2018 ChemicalYamamoto Co.Ltd.,All Rights Reserves.