Loading...
ステンレス電解研磨 溶接焼け取り さび、汚れ取り 及び 材質の簡易判別 不動態技術

ステンレス電解研磨 溶接焼け取り さび、汚れ取り 及び 材質の簡易判別 不動態技術

ステンレス電解研磨 溶接焼け取り さび、汚れ取り 及び 材質の簡易判別 不動態技術

ニュースリリース

NEWS RELEASE & INFOMATION
ニュースリリース
  • 中国経済産業局メールマガジンに紹介される(No,719)

    2015/04/08
    3月21日のクラブ最終回と修了式に来賓としてご出席頂いた中国経済産業局地域経済部次長の江口さんが、局のメルマガに下記タイトルで投稿して下さいました。◆いつかノーベル賞を・・・! 〜わくわくケミカルクラブに参加して〜応援団員  【総務企画部付次長   江口 知之】 URL (外部リンク)   http://www.chugoku.meti.go.jp/mailing/no719.html江口さんは 「理科離れが叫ばれる昨今、初々しい白衣姿の子供たちに大きな期待を感じた。このクラ... 続きを読む

  • EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2014ジャパンで受彰

    2014/12/08
    優秀起業家の顕彰制度 「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2014ジャパン」で受彰 弊社社長山本正登は、「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2014 ジャパン」の「アクセラレーティング部門」に中国ニュービジネス協議会様のご推薦を頂いて、中国四国代表としてノミネートされていましたが、この度ファイナリスト15名の一人に選ばれ、去る11月26日、帝国ホテルにて開催の表彰式に臨みました。 「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」は、起業家の功績を称える唯一の国際的表彰制度... 続きを読む

  • " わくわくケミカルクラブ "が国立科学博物館の企画展へ

    2014/03/13
    この度、国立科学博物館企画展にわくわくケミカルクラブが展示されました。「ものづくり展 MONODZKURI EXIBITION」主催 経済産業省共催 独立行政法人 国立科学博物館★自社の化学技術等を活用した化学実験クラブ「わくわくケミカルクラブ」の開催★ーーー科学立国を目指し、「ものづくり」は「人づくり」からを旨とするわくわくケミカルクラブの受賞を機に、更なる展開を目指します。ーーー 開催期間 平成26年3月19日(水)〜4月6日(日)会場 国立科学博物館(東京・上野公園)日... 続きを読む

  • 平成25年秋の叙勲で弊社社長山本正登が『旭日双光章』を受章しました。

    2013/11/03
    平成25年秋の叙勲授章者が11月3日付で発表され、弊社代表取締役社長 山本正登が『旭日双光章』の栄に浴しました。 功労概要 ステンレス鋼溶接後の無害化表面仕上げ法の発明やステンレス鋼の耐塩素孔食と応力腐食割れ防止の表面改質法の発明考案など我が国のステンレス溶接業界の発展に貢献 喜びのご挨拶 このたびの叙勲は、去る1998年度の黄綬褒章に次ぐ2度目の国家褒章であり、身に余る光栄と存じます。 私は某大手企業定年退職後の人生をどの様に生かすか熟慮の末に当社を設立し、ステンレ... 続きを読む

  • 内閣総理大臣表彰「第5回 日本ものづくり大賞」経済産業大臣賞 受賞!

    2013/09/17
     内閣総理大臣表彰「ものづくり日本大賞」は、日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきたものづくりを着実に継承し、さらに発展させていくため、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や、伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、ものづくりの第一線で活躍する各世代のうち、特に優秀と認められる方々を顕彰する制度です。    この度、青少年支援部門で最高賞の「経済産業大臣賞」を受賞しました。受賞件名 自社の化学技術等を活用した化学実... 続きを読む

  • 第3回キャリア教育アワード"わくわくケミカルクラブ"最優秀賞受賞!

    2013/05/07
    株式会社ケミカル山本(社長:山本 正登)では、"わくわくケミカルクラブ" を社会的奉仕活動の一環として、授業の講師、指導員共に弊社社員が進んで参加し、自らの経験を生かし学校授業内容を考慮したテーマを選定し、将来を担う子供達に化学のおもしろさを実験を通して学ぶ、全国でも例の無い体験型の化学専門クラブです。また、本校クラブ授業名物 山本社長による家庭にある物を使って出来る「ケミカルマジック」は好評で、クラブ員アンケートでも常に上位にある人気講義です。この度受賞した「キャリア教育ア... 続きを読む

  • 第24回「中小企業優秀新技術・新製品賞」優秀賞を受賞!

    2012/05/07
       特許証     表彰盾        表彰状 日刊工業新聞 優秀賞受賞紹介記事 ケミカル山本は、オーステナイト系ステンレス鋼の応力腐食割れ(SCC)を防止する電解液「ピカ素#SUS S・C・C」を開発した。フッ素とホウ素を配合したのが特徴で、耐SCC性や耐孔食性が大幅に向上する。ステンレス鋼の表面にフッ素、ホウ素、酸素をイオン状で拡散・浸透させて三重の効果でSCCを防止する。ステンレス表面に形成された本来の不動態皮膜を複合効果で飛躍的に増強した。  オー... 続きを読む

  • ステンレス用さび・汚れ取り洗浄剤カタログを掲載しました。

    2010/10/04
    好評のステンレス用さび・汚れ取り洗浄剤、ピカ素#SUS300シリーズのカタログを掲載しました。 カタログはこちらからhttp://www.chemical-y.co.jp/catalog/ ... 続きを読む

  • YM式443CTチェッカー(JFE443CTステンレス鋼の判別)が商品化 

    2010/03/09
    ステンレス鋼の銅含有量の半定量測定に。JFEスチール㈱共同開発品。詳細はこちらからwww.chemical-y.co.jp/product/stainless/-ym.html ... 続きを読む

  • エコポール(透過型電子顕微鏡試料用電解研磨装置)

    2009/12/29
    ☆透過型電子顕微鏡(TEM)試料用電解研磨装置"エコポール"の特徴 ①従来の電解研磨装置では1回あたりの液使用量が、500~1,000ml必要でしたが"エコポール"では1~2mlという極少量の電解液で済みます。 ②電解法に代わる試料作製装置である集束イオンビーム装置やイオンミリング装置を用いた試料作製に要する時間が、0.5~2日を必要とするに比べて、本電解研磨装置では僅か数分と云う圧倒的短時間で出来ます。 ③他の装置で作製した試料では観察できる視野が、400μm2程度である... 続きを読む


ステンレス電解研磨 溶接焼け取り さび、汚れ取り 及び 材質の簡易判別 不動態技術
ステンレス電解研磨 溶接焼け取り さび、汚れ取り 及び 材質の簡易判別 不動態技術
Copyright(C) 2018 ChemicalYamamoto Co.Ltd.,All Rights Reserves.

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県