Loading...

ステンレス電解研磨 溶接焼け取り さび、汚れ取り 及び 材質の簡易判別 不動態技術

ステンレス電解研磨 溶接焼け取り さび、汚れ取り 及び 材質の簡易判別 不動態技術

ニュースリリース

NEWS RELEASE & INFOMATION
  1. ホーム
  2. >
  3. ニュースリリース
  4. >
  5. プレスリリース
  6. プレスリリース
  7. >
  8. NETIS新技術情報提供システムに電解研磨法(ウルトラ不動態皮膜形成技術)登録

NETIS新技術情報提供システムに電解研磨法(ウルトラ不動態皮膜形成技術)登録

2019/08/01

・この度、NETIS新技術情報提供システムに登録されました。(番号:CG-190004-A)
 保有する技術「ステンレスの溶接焼け取りと不動態化同時処理工法」は、大型構造物などステンレス鋼の耐塩素孔食・耐応力腐食割れ性が飛躍的に向上する技術で、経済産業省の'17年度「戦略的基盤技術高度化支援事業(通称:サポイン事業)に採択され、ひろしま産業振興機構や産業技術総合研究所、広島工業大学と共同研究し、実証成果を事業展開している。

当社は、業界では、中性電解焼け取り法のパイオニアとして、電源器・電解液のシェアは国内NO.1のトップシェアを占めており、常に業界をリードしてきました。最近では、ステンレスの溶接焼け取りから応力腐食割れ防止技術まで、画期的な表面改質技術の開発に成功するなど更に発展を続けています。

NETIS(新技術情報提供)「新技術」ページ
URL:http://chemical-y.co.jp/newtec/





関連情報



ステンレス電解研磨 溶接焼け取り さび、汚れ取り 及び 材質の簡易判別 不動態技術
ステンレス電解研磨 溶接焼け取り さび、汚れ取り 及び 材質の簡易判別 不動態技術
Copyright(C) 2018 ChemicalYamamoto Co.Ltd.,All Rights Reserves.