クリエイトセンター

コンテンツ

“ステンレスにより耐食性(つよさ)と輝きを”をモットーに、ステンレス表面の電解研磨、溶接焼け取りやさび・汚れ取りを、従来のように劇毒物を使用することなく、環境に優しく安全無害な薬液を用いる電解方式により取り除くための新製品を開発し続ける、少数精鋭の研究開発型企業。
  1. トップ
  2. 受託加工事業

受託加工事業

1.ステンレス製品及び部品の電解処理受託加工事業

本ページ下段の詳細PDFより用紙をダウンロードし項目を記入ください。打ち合わせ後、処理品をお送り頂き、受託加工事業として電解処理を実施しお客様へ返却致します。但し技術的可能性が不明な場合は、事前に電解処理条件を検討致します。
これに係る費用についてはご相談に応じます。
この予備検討を行った製品または部品を返却後、お客様で性能を評価して頂き、処理の効果が確認されれば、受託加工事業として実施可能です。

  • <主要電解処理事業内容>

    1)ステンレス部品等の溶接焼け取り
    2)耐孔食性向上対策のための不動態化処理
    3)医療用器具の耐蝕性向上
    4)応力腐食割れ対策のための電解処理
    5)金属表面への微粒子付着抑制
    6)金属表面への低分子物質の吸着抑制
  • 鉄使用SUS製品の中性塩電解処理実施例

なお、本事業は広島県廿日市市の弊社
"クリエイトセンター"で実施予定です。

2.ステンレス製品の表面処理出張受託工事

タンクや化学プラント等の大型装置の不動態化処理、焼け取り作業等を弊社社員が現場に出張し
受託実施致します。事前にご希望の性能、納期、価格等を調整させて頂きます。

従来の酸洗処理と比較して中性塩電解処理では以下のメリットがあります。
①不動態化処理で溶接部以外でも耐孔食性が著しく向上し、延命化。
②酸洗時の残留酸洗水による不具合(塗装不良他)が無い。
③現地工場内作業のため作業工程の短縮及び工程管理が可能

  • <実施例>
    1)溶接部を含めた全面の不動態化処理作業
    2)タンク、反応槽等の溶接焼け取り作業
    3)酸洗が困難な製品の電解処理作業
    4)汚れのクリーナー処理事業
  • 金属部品の処理事業例

関連情報

詳細PDF: Test request list 2016−11−01.pdf

【問い合わせ先】
下記お問い合わせフォームか電話・メールまたはFAXで気軽にお問い合わせ下さい。
担当:R&D事業部 濵田(はまだ)
TEL:0829-30-0820 FAX:0829-20-2253
メールアドレス: hamada@chemical-y.co.jp